夏は紫外線に要注意

帽子や日傘を使う

髪の毛や頭皮が紫外線に当たると、ダメージを受けてしまいます。
頭皮の環境が悪くなり、髪の毛の末端まで栄養が行き渡らなくなるので、外出をする際は紫外線対策を行ってください。
最も手軽な方法は帽子を被ったり、日傘をさしたりすることです。
それだけでも頭に紫外線が当たらなくなり、夏でも綺麗な髪の毛や頭皮の環境を維持できるでしょう。

ちなみに紫外線は、曇りの日でも放出されています。
ですから油断せずに、紫外線対策を行ってください。
また頭皮用の日焼け止めがあれば、それを使っても良いでしょう。
すると潤いを与えながら、頭皮を守ることができます。
最近は飲むタイプの日焼け止めも販売されており、それなら全身に効果的なのでおすすめです。

ぬるま湯で洗うのがベスト

暑い日は、冷たい水で髪の毛を洗いたいかもしれませんね。
しかし冷水では、皮脂や汚れが十分に落ちません。
毛穴に汚れが詰まり、髪の毛に栄養が行き渡らなくなるので、ぬるま湯で洗ってください。
シャンプーの時は季節に関係なく、人肌程度のぬるま湯で洗うと覚えておきましょう。

またそれ以上の温度のお湯だとヤケドをしたり、必要な皮脂まで洗い流したりするリスクがあるのでおすすめできません。
皮脂が大量に残っていると汚れに変わり、頭皮に悪影響を与えます。
しかし適量なら頭皮に潤いを与えられるので、絶対的な悪ではありません。
ぬるま湯で洗えば、必要な量の皮脂を守ることができます。
これが、綺麗な髪の毛を育成するために欠かせないポイントです。



TOP